【部署紹介】BPO部

はじめまして、株式会社シャノン BPO部 部長 柳澤です。

今回は私が管掌するBPO部のご紹介をさせていただきます。


何をやっているのか

BPOとは、ビジネスプロセスアウトソーシングの略称であり、

そこから請求書対応などの事務作業を連想する方も多いと思います。

シャノンのBPO部は、そういった事務作業というよりは、

SMPに関わるマーケティング業務やイベント運営に関わる各種業務が中心です。

マーケティングに関わる業務では、メール配信代行やキャンペーン設定代行など。

イベントでは、会場や講師の調整、事務局の運営など、

様々な業務を顧客に代わり行っています。

少し変わったところでは、メルマガやWebページの企画制作、

雑誌制作のディレクションなども。

そのため、言われたことだけやる、というよりは、

何がベストかを考えるクリエイティブな側面があることもユニークな点といえるでしょう。

現在10名ほどが所属する部署で、子育てのため時短勤務のメンバーもいます。

会社全体ももちろんですが、その中でも特に女性のライフワークに

理解がある部署かもしれませんね。


なぜ、やっているのか

最近ではマーケティングオートメーションに関わるサービスを提供する企業が

増えてきましたが、実はBPOサービスも自社で保有するのは、シャノンだけ。

では、なぜシャノンでは、ツールの提供にとどまらず、

事業部としてBPOサービスをもっているのか。

それは、シャノンが掲げるビジョンにもあるように、

企業のマーケティング課題を解決することが目指すべき姿と考えているからです。

今までも、マーケティングやイベントの支援につながるツールを提供してきましたが、

ツールの利用だけでは解決できないこと、

そもそもどうやって、誰がやるか、にお困りのケースが少なくありません、

そういった声にこたえるために、2008年頃から少しづつBPOのご依頼を受けてきて、

今に至ります。


今後について

顧客のマーケティング課題を解決する、このテーマに取り組み続けます。

言われたことしかやらないのではなく、こちらからマーケティングの課題に対して、

顧客とよりいい距離感で伴走できるようになっていきたいですね。

そのためにも、マーケティングに関する知識はもちろん、それ以外の幅広い知識が必要。

最近ではWeb広告配信やWeb更新など、業務の裾野も広がってきています。


また、ホスピタリティも私たちが重要視するテーマのひとつ。

業務の特性上、顧客のお客様、つまりエンドユーザとの接点をもつ機会もあります。

そこでは、言葉遣いはもちろん、個人情報の取り扱いなど、細部にまで気配りが必要です。

技術の発展に伴い、人がやらなければいけないことは徐々に減ってきている、

と言われています。

でも一方で、私たちにBPOのご相談をいただく機会はむしろ増えているように思います。

なぜでしょうか。

たとえば、少し前から他社MAツールを利用中のお客様からご相談が

寄せられるということが増えてきました。

それは、ただの業務の代行にとどまらず、顧客の課題を理解し、

顧客と一緒にマーケティング課題を解決を目指す、という姿勢を評価いただいてのこと。

今後も、ホスピタリティを重要視しながら、顧客のマーケティング課題の解決に

貢献できる事業部であり続けるよう、努力していきます。