新卒エンジニアでシャノンに入ってよかったと思えた3つのこと

はじめまして、私は2017卒でシャノンにエンジニアで新卒入社しました。

自分の入社のきっかけと、シャノンに決めてよかった3つのことの話が、

シャノンのエンジニア職に興味をもった、特に新卒の学生の皆さんの参考になれば幸いです。


入社のきっかけ

もともと自分は、情報系の大学院修士卒。

大学2年からプログラミングにはまっていて、

競技プログラミングやWEB制作にのめりこんでいた学生時代でした。

大学対抗プログラミングコンテストで、中国とかベトナムの人と競ったり。

神奈川県主催のプログラミングコンテストで

最優秀賞を受賞できたのはちょっとした自慢です。


単純にプログラマーという響きがかっこいいな、という思いから、

自然と就職活動も、プログラミングに没頭できるところを中心にエントリーしていました。

でも、実際に会って話を聞いてみると、

少し違和感を感じたところばかり。

例えば、目を見て話してくれなかったり、

こちらはプログラミングをしたいだけなのに、なんだか話がかみ合わなかったり。

中には、海外研修の機会があるとか、初任給がすごい高いとか、

高価なイスで仕事ができるとか、すごい待遇・福利厚生の会社もありました。

それでも自分が感じたその違和感を覆すほどの要素には感じられなかったですね。


そんな中、出会ったのがシャノンでした。

シャノンの採用担当の方や、技術担当の方と面接でお話ししたときに感じたのは、

気持ちのよい対応をしてくれる人たちだな、ということ。

ちゃんとこちらの希望を受け止めてくれて、

その一方で、職業としてのエンジニアの厳しさみたいなものも

しっかり伝えてくれたのが印象的でしたね。

内定をいただいた後も、数社受けてみましたが、

やっぱりシャノンの人の良さが印象的で、入社を決めました。


シャノンのサービス自体がBtoBなので、当時学生だった自分は、

シャノンマーケティングプラットフォームがどんなものかは理解できていなくて、

ちゃんと理解できたのは入社後だったというのも今では笑い話です。

でも、逆にいえば、そこまでプロダクトだけで決めてなかったということ。

今思えば、プログラミングをしたい、だけでなく、それを理解し、

許容してもらえる環境かどうか、を気にしていたんだと思います。

入ってよかったと思えた3つのこと

入社して、いい意味で驚いたのが、思った以上に自由に仕事に取り組めること。

シャノンは、個々の都合にあわせて、働き方にある程度の裁量が認められる環境。

もちろん管理はしますが、自主性を重んじるというか、そんな雰囲気の組織でした。

もちろん、自由な反面、仕事に対する責任は求められます。

納期や品質。

つくるものをちゃんとつくるという責任を果たしさえすれば、

働きやすい環境だと思います。


2つ目は、やはり人。

自分が今、主に担当しているのが、

1年目の7月に配属されたSHANON MARKETING PLATFORM(SMP)の

トラッキング機能全般と、

2年目の途中から任された社内のオープンAPI。

もちろんわからないこともあるのですが、

手取り足取りではなく、基本的には任せてもらえていて、

でも、放置じゃなくて、ちゃんとコードレビューはしてくれる。


上司、先輩、メンバー感で、いい距離感で仕事ができていると思います。

ちなみに、入社2年目ではありますが、

トラッキングチームのスクラムマスターを任されています。

若くてもちゃんと任せてくれる環境ですね。


そして、最後は、自分のやりたいことができていること。

もともと自分はプログラミングをしたいということもそうですが、

最終的にはフルスタックにできるエンジニアになりたいと思っていました。

最近では、0から新しい言語の勉強をしたり、

色々な経験値を積めている実感があります。


特にインフラはもともと苦手意識があったのですが、

あらためて触ってみると、意外と面白いなと思えたり。

他にも、運用の設計や開発でつかうライブラリの選定も自分でやっているのですが、

自分で選ぶ分、自分で勉強する。

SMPという関わるサービスの規模感もさることながら、

若いうちから任され、色々な経験が積めるという意味では、

自分が成長したい方向に成長できている実感がもてる環境だと思います。


2017新卒 エンジニアのある一日

9:00 起床

朝ご飯はあまり食べません、牛乳飲むくらい。

10:30 出社

出社後、10分程度でMTG。チームで前日の進捗共有を行います。

11:00 開発

SMPのトラッキング新機能の開発など

14:00 昼食

最近は、コンビニのブラックペッパーチキンとおにぎりが気に入ってます。

15:00 開発

週末はPMとメンバーを交えたスプリントレビューがあります。

また不定期で勉強会が開催されることも。

最近ではブロックチェーンの話とか、電子工作した話とか(笑)

20:00 帰宅

週2くらいでジムによって帰ります。

2:00 就寝