【部署紹介】関西支社

はじめまして、株式会社シャノン 関西支社長の浅野といいます。

2016年4月に関西支社を立ち上げ、もうすぐ3年が経とうとしております。

少しでも興味をもっていただける方がいたら幸いです。


何をやっているのか

主に自社開発のMA・イベント管理ツールである

SMP(シャノンマーケティングプラットフォーム)の

新規営業から導入支援、定着までを一気通貫で行っています。


拠点が梅田なので、大阪が中心ですが、京都・兵庫はもちろん、

東は静岡、西は九州と西日本全体をカバーしている状況です。


現在は社員が4名、その他はインバウンドを担当するインターンが数名。

平均年齢は30代中盤くらいのメンバーで運営しています。


東京本社と比べて組織面で大きく違う点は、

ひとり一人が複数のファンクションを兼ねている点ですね。

お客様との1stタッチであるインサイドセールスにはじまり、

具体的な提案を行うダイレクトセールス、パートナー様との協業、

導入決定後は導入支援から定着、いわゆるカスタマーサクセスまで提供しているので、

管理部門、開発部門がない「小さなシャノン」を関西で展開している状態です。


少人数ながら、シャノン全体の中でも少しづつ存在感が出てきているのではないかと思います。

いち早く新機能の大型受注が決まったり、全社で表彰されるメンバーがいたり。

少ない人数にも関わらず、こういった結果につなげていけるのは、

幸いにも開設から優秀なメンバーに恵まれているから。

メンバーには本当に感謝しています。


まだまだ人は足りておらず、今後も拡張していきます。

今後の西日本エリアを中心とした市場の拡大に伴い、

ポジションを含めてかなり大きな裁量とチャンスがある環境だと思います。

また、昨今の働き方改革に則り、残業は極めて少なく、ほぼゼロです。

興味ある方はぜひお声がけください。

今後の展開

シャノンはデジタルとアナログを横断して管理ができる唯一のMAを提供しており、

日本市場において間違いなく最もフィットすると考えています。


東京を中心とした首都圏では、まだまだ伸びる余地があるとはいえ、

MA市場は熟成してきているように思います。

一方で関西はまだまだ始まったばかり。


MA自体の拡がりは、東京のそれとはまったく違っていて、

まさにこれから拡がっていく段階といえます。

大きな可能性を秘めている市場といえるでしょうね。


そういった中で、関西支社が目指しているのは、

マーケティング&セールスの効率化を実現する関西でのリーディングカンパニー。

そのためには、各ファンクションの強化が重要です。


先ほどにも触れたように、まだまだ少数の規模なので、

今後の拡大に伴う様々なチャンスがあるタイミング。


各自が実現したい事を支援することで、

より高いパフォーマンスを発揮するとともに、

堅牢な組織化をはかっていきたいと考えています。


★現在一緒に関西支社を盛り上げてくれるセールスメンバー募集中です。

詳しくはこちらを御覧ください!