SHANON BtoB Marketing Conference 2019

3月12日、ホテル雅叙園東京にて、SHANON BtoB Marketing Conferenceが開催されました。

毎年1回、主にBtoBマーケティング領域に関わる方々をお招きし、定期的に開催しているこのイベント。今年は約1200人もの方が事前予約をいただくことができました。

今回はこのカンファレンスの様子を少しだけご紹介させていただきます。


今年のカンファレンスのテーマは「つながるマーケティング」。


冒頭の基調講演では、代表の中村より、“つながる”をキーワードにマーケティング領域における課題に対して、自分たちがどう貢献していくのかをお話しさせていただきました。

その後、お招きした「デジタル時代の基礎知識『ブランディング』」の著者である山口 義宏氏より、企業のマーケティングに関わる方々がマーケティングを成長させ、さらにはビジネスを成長させるためのヒントをご紹介させていただきました。


また、会場内では、協賛いただいた協力会社さまや当社のブースを設け、来場いただいた皆様に直接ソリューションをご紹介させていただく機会も。

午後からは、会場内で複数のセッションが同時進行していきます。

当社取締役 技術担当の堀からは、デモを交えながらSHANON MARKETING PLATFORMの新機能のご紹介を。

別フロアでは、同マーケティング戦略コンサルティング部 部長の菅が進行役として、実際にシャノンをご利用頂いているユーザー企業さまにご登壇いただきながら、シャノンの活用事例をご紹介させていただくセッションを。

その後も、協賛いただいた協力会社さまのセッションが行われ、盛況のうちに終わることができました。


シャノンでは、こうしたカンファレンスを年に2回開催しております。

今後も国内のマーケティングクラウドのリーディングカンパニーとして、BtoBマーケティングの課題に取り組み続けるために、こういった機会を大事にしていきたいと考えております。