若手メンバー本音クロストーク ~イベントマーケティング編~

どれだけ面接を経ても、どれだけ情報提供があっても、

やっぱり中に入らないとわからないことも多い。

当社だけでなく、どの企業でもよく言われる一言ではないでしょうか。

今回は、イベントマーケティング部門に配属された若手3名の座談会を通して、特に社内の先輩後輩の距離感や雰囲気を伝えたいと思います。


【参加メンバー】

Mさん (男性 2018卒)

Yさん (男性 2017卒) 

Sさん (女性 2017卒)


配属のきっかけ

Mさん:

自分とSさんはイベントに関わりたいという希望があって、イベントマーケティングに配属だったけど、そういえばYさんはなんでイベントマーケティングに配属になったんですか?


Yさん:

自分は面談のときに「一番忙しい部署に配属してほしい」と伝えたから、かな。

追い詰められないと力を発揮できないタイプだと思ってるし、

何よりヒマな時間が苦手なので…


Sさん:

たしかにそういう意味では、イベントマーケティングは最適かもしれないよね。

どうしても、案件が集中する繁忙期は忙しいし、明確な期日があるプロジェクトが

ほとんどなので、のんびりしている時間はないことが多いかもしれない。


Yさん:

でも、実際に、仕事量が膨大になってやばそうなときには、

先輩や周り人がサポートしてくれるので、一人でどうしようもなくなることはないよね。

この前の納品データのチェックのときも、最初は先輩が様子見ながら手伝ってくれて、

次の日には部の全員が手伝ってくれたし。


Mさん:

たしかに。案件に関わってないメンバーも嫌な顔せず手伝ってくれるのは

本当にいい文化だと思う。いい意味でおせっかいな文化。

みんな忙しいのに、ちゃんと面倒みてくれる先輩が多いと思う。

困ったときのチャットの返信もすごい早いから助けられてる。


先輩・上司との距離感

Yさん:

それ、わかる。自分も入社してすぐのときは、困った顔すると、

すぐに声かけてくれたり、先輩自身も忙しいはずなのに、ちゃんと手を止めて、

こちらに向き合って一緒に解決してくれる。

遠慮して声かけづらいときほど、察して声をかけてくれるのはすごいと思った。


Sさん:

自分も、1から10まで手取り足取りといった感じではなかったけど、

困ったときは絶対にフォローしてもらえた。


Mさん:

理不尽に怒られた記憶もあんまりないかな。

起こってしまった失敗を頭ごなしに怒るのではなく、

次にその失敗をしないようにするにはどうしたらいいか、一緒に考えてくれる。

たしかに瞬間的な業務量の多さやスピードを求められる場面が多かったりで、

忙しいことも多いけど、部署内の雰囲気に救われていることが多い気がするよね。


Yさん:

上司・部下、先輩・後輩というよりも、同じチームの仲間として見てくれてる印象が

強いよね。よく社外の人がいう、ヒエラルキーのようなものはあまり感じなくて、

みんなフラットな関係性ができているような気がする。


Sさん:

特に部長がそういう空気感を率先してつくろうとしている。

忘年会の出し物も、他の会社は新人がなんかやる、みたいなことが定番みたいだけど、

うちの部署はそれがない。お互いが尊重しあって、押し付けることがない。


Mさん:

他の部署の人からも、部活とかサークルみたいだね、とよく言われますよ。


Yさん:

自分はもともとそういうノリが苦手だったんだけど、

いつの間にか馴染んでしまっている(笑)。

それは、みんな身内、という距離を感じさせない雰囲気がそうさせてるんだと思う。


Sさん:

自分たちも含めて若いメンバーが中心だからということもあると思うんですが、

この空気感はこれから新しい人が入っても大事にしたいと思う。


若手がつくるこれからのイベントマーケティング事業

Mさん:

これからシャノンのイベントマーケティング事業は

「テクノロジーとサイエンスでイベントの在り方を革新すること」

「そして主催者、出展者、来場者、シャノンの四方よしにつながること」

をテーマに大きく変わっていく。

そしてこのテーマを主に推進していくことになるのが自分たちの世代。


Sさん:

この事業部は自分たちを含め、特に若いメンバーが中心の組織だからね。

まだ若手だから、とは言っていられない。


Yさん:

まずは、まだ属人的な業務が多いので、この業務を仕組み化することからやっていきたい。

業務プロセスの見直しや、再現性のある仕組みづくり。

まだまだやらなきゃいけないことばかり。


Mさん:

でも、こんな若いうちから、国内における主なBtoBイベントに関わりながら、

かつ、イベントマーケティング事業の第二創業の中心になるという経験は

なかなか貴重な経験かもしれないよね。


Sさん:

たしかに。

だからこそ、イベント好きな人やチームで仕事に取り組むことが好きな人は

もちろんだけど、出る杭になるような人や野心ある人にも、

きっと相性がいいステージなんだと思います。